株式会社ゲオネットワークス 株式会社ゲオネットワークス

社員インタビュー

自社のサイト開発ならではの経験と成長

ゲオグループが提供する各種サービスのポータルサイト「ゲオオンライン」やDVDレンタルの「ぽすれん」など、ウエブサイトのシステムエンジニアとして主にコーディングを行っています。

この仕事の面白さは大規模なサービスを提供するウエブサイトの開発全体に関われること。部分的なタスクを担当するだけではなく、案件に応じて提案段階から要件定義、テスト、運用にも携わり、上流工程から下流工程に至るまで一貫して担当しています。チーム全体で情報を共有しながらさまざまなプロセスを経験できるのでエンジニアとしての視野を広げ、成長することができます。

一般的なシステム開発会社でこうしたスタイルの仕事をするのは難しいでしょう。自社のサービスを提供する自社のサイト開発でなければ経験できません。もちろん、売上や利益がサイト開発の精度に直結する厳しさはありますが、業務委託の開発にはない大きな喜びや深い満足感を味わえるのが魅力ですね。

社員インタビュー

責任の大きさはやりがいに繋がっている

多くの人が利用するサイトを開発・運用しているわけですから、常にプレッシャーは感じています。万一システムのトラブルで配送が遅れればユーザーの方の信頼を失いますし、わずかな時間でもサイトの機能が停止するようなことになったら多大な損害を被ってしまうでしょう。そうした事態を避けるため、不測の事態が起きたらメンバー同士がフォローし合いながら問題の解決にあたるようにしています。

だからチームワークはとても重要になる。開発系の部署だとチャットで会話するところが多いんですが、当社ではほとんど使いません。テキストでは伝わらない情報もあるからです。普段からチームが円滑にコミュニケーションできるようにしておくこともリスク対策の一環です。自社サイトは責任が大きいけど、自分から改善や機能を提案することもできる。「それはいい」と評価されれば、すぐに反映できることもやりがいに繋がっています。

社員インタビュー

高度なスキルの前にチームワークが必要

開発業務には高度なスキルが必要だと思いがちですが、そうではありません。私自身、入社してしばらくの間は開発ベンダーのコントロールが主な業務で、自分でコーディングするようになったのはここ数年のことです。それまで使ったことのなかった開発言語でしたが、特別な勉強もせずに業務の中で身につけました。もちろん技術や知識はあったほうがいい。でも、開発業務はチームで進めるので、お互いに気持ちよくコミュニケーションできることが重要になります。

優れたチームワークこそが、質の高い仕事を効率良く行い、個々のスキルを高めていくための必要条件だと考えています。今まではネットが主体だったサービスも、店舗というチャネルを活かした形へと進化していくでしょう。1600のリアル店舗とゲオアプリのもたらすビッグデータは大きな可能性を秘めています。ゲオグループでなければ実現できない新たなサービスの扉を開くために、一緒に最強のチームを組んで挑戦してくれる人を待っています。